ローソク足の種類を覚えて未来を先読みする㊙情報

こんにちは、SHINです(^^)

 

前回のローソク足の一番基礎となる部分は

ばっちり勉強してきましたか?(^^)

 

まだの方でローソク足って何?

という方は下のリンクからしっかりと

基礎を身に着けて下さい!

ローソク足を理解すれば、インジケータはいらない?!

 

前回話したように

ローソク足というものを理解知れば

勝ち組トレーダーになれると話しました。

 

ただローソク足というものを

理解しても勝てる様にはなりません。

 

何故ならローソク足は

一つ一つに意味があります。

 

例えば、ヒゲが長い。実態が大きい

上ヒゲが長い、下ヒゲが長い

それだけでも意味が全く違います。

 

それに、ローソク足の種類を覚えたら

今、トレーダー達はどんな注文(買いか売りか)を入れているか

というのが手に取る様に分かる様になります。

 

それさえ、分かれば

タイミングを見てバイナリーで

エントリーが出来る様になるのです。

 

ここで勘の良い人は気づいたかも

しれませんが、バイナリーで

 

勝ち続けるトレーダーというのは

ローソク足を極めている人たちです。

 

本当にこれだけです。

前回も教えたように

 

インジケータというのはローソク足を

元にデータを数値化しているのです。

(インジケータとは?

 

逆にそれも分からずやっていると

バイナリーはただのギャンブルになります。

 

適当に、勘でやっているのと何ら変わりはありません

そして、そういう人がバイナリーは詐欺だと

言うのが殆どです。

 

あなたもこれを分からなければ

そのまま同じような道をたどって

 

自分の資金を全部無くしてしまうのがオチです。

 

そこで今日は!前回告知したように

「ローソク足の種類」についてです。

 

**最後に有料級の情報あり**

 

はっきり言って、ローソク足の種類を

覚えたら怖いものはありません。

 

未来の動きを予測出来るように

なれるからです。

 

ただ、ここで覚えておいてほしいのは

相場に100%はありません。

 

なので僕たちはそれに出来る限り

近づけるように相場を読んでいくという事です。

 

でも、相場を読む事は可能です。

 

その為にもしっかりと正しい知識を学んで

相場を読む力をつけましょう!

 

**************

そして最後の方に実際に覚えた

ローソク足の種類をどうやって

 

相場に適応させていくかを

画像と一緒に教えていくので

しっかりと最後まで読んでください

**************

 

これは、僕も経験しているのですが

最初から全部覚えていこうと思いながら

 

やっていくと相場でアウトプットしたい時に

どれがどれだか忘れてしまいます。

 

なので最初は少しづつでいいです。

 

では早速見ていきましょう(^^)

 

陽線

 

陽の丸坊主、大陽線の中でも一方的に買いが強い足、ひげが無いのが

特徴。(大陽線とは長い陽線の事です)

 

陽の大引坊主始値から少し下げるものの上昇して買いが強い。

上ヒゲが無いのが特徴

 

陽の寄り付き坊主上ヒゲはあるが下ヒゲがない大陽線。

高値に挑戦したけど、調整で高値を下回った状態で、買い勢力が強いと判断できる。

 

 

下影陽線(下ヒゲ陽線)、実体が短くて下ヒゲの長い陽線、かつ上ヒゲのないもの。

上昇トレンドへの転換した可能性が高い。

 

上影陽線(上ヒゲ陽線)、上ヒゲが長く実体が短い、かつ下ヒゲのないもの。

下降トレンドへの転換した可能性が高い。

陰線

 

陰の丸坊主、大陰線の中でも一方的に売りが強い足、ひげが無いのが

特徴。(大陰線とは長い陰線の事です)

 

陰の大引坊主、実体が長く上ヒゲがあるが、下ヒゲは無い大陰線。

寄り付きでは大きく買われたけど売りに押されたまま、

その日の安値で引けた形状です。弱気サインだけど天井圏でこれがでたら要注意!

 

陰の寄付き坊主、下ヒゲのある大陰線。売りの姿勢が強いサインとなる。

下影陰線(下ヒゲ陰線)、短い実体に下ヒゲがついている形、かつ上ヒゲのないもの。

下降トレンドで出ていたら今後上昇トレンドへと転換する可能性が高い

 

上影陰線(上ヒゲ陰線)、上ヒゲが長く実体が短い、かつ下ヒゲのないもの。

下降トレンドへの転換した可能性が高い。

 

寄引同時線(始値と終値が同じ)

 

トンボ、下ヒゲが長く始値と終値が同じ値で終わっているとき。

これが出たときは相場の転換期が来ている事を示している。

 

トウバ、上ヒゲが長く下ヒゲが無いもの、この形が示唆しているのは

相場の流れが終了して、この後トレンドとなるか保ち合いとなるか

どちらかへ進むと判断できます。

 

 

買いが優勢な場合のローソク足

 

f:id:jinyoumingjia4:20180808144613p:plain

 

 

売りが優勢な場合のローソク足

 

f:id:jinyoumingjia4:20180808144630p:plain

 

 

****************

!!!!ここからが超重要!!!!

****************

 

まずはこちらの画像を見てください

 

f:id:jinyoumingjia4:20180808144656p:plain

 

これは陽線の画像です。

そして、見てほしいのは

ヒゲがどうやって出来ているかです。

 

途中、高値から下げてきて終値は

高値より下にありますよね?

 

これがどういうことかというと

最後の方に売り勢に押されて終値をつけた

という事です。

 

それを踏まえて次はこちらの画像を見てみましょう!

 

f:id:jinyoumingjia4:20180808144738p:plain

赤まるで囲われている部分は

ヒゲが多いことに気が付きましたか?

 

一つ目の丸は上ヒゲを多くつけて

下に落ちてきています。

 

その後は下ヒゲをつけ逆に上げてきています。

 

この時上ヒゲをつけて

上げようとしたけど最後に売り勢に

押されて下げてきているのが良く分かります。

 

そしてその後に下ヒゲをつけて

売り勢を抑えて買い勢が上にあげているのが

よくわかります。

 

二つ目の丸も同じく下ヒゲ

を大きくつけた後急上昇しています。

 

どうですか?

 

相場を読むという事が

なんとなくわかりましたか?

 

こうやってローソク足から

読み取れる情報は沢山あります。

 

なので今後相場を見るときは

ローソク足はどういう形をしているか

 

どのくらい大きいのか

これらを注意深く見てみましょう!

 

これを意識するだけで

相場を読む力がつくのも

本当にあっという間です。

 

これが出来ると

負けないエントリーも可能になってきます。

 

頑張ってください!

 

質問がある方は

僕のLINE@へ気軽にどうぞ(^^)

 

*******************

更にライントレードに関する有力な情報が欲しい方は

LINE@の方でブログにも載せていない

僕のエントリーポイント、有料級の情報を配信しています。

 

そして今現在!

LINE@を登録してくれた方限定で

本物の手法を無料プレゼントしています(^^)

 

受け取りも簡単です。

LINE@を追加して10秒で終わるアンケートに

答えてくれたら、その場でプレゼントをお渡しします(^^)

 

是非この機会に

手に入れてください!!

*******************

 

↓↓↓LINE@の追加は下の追加ボタンから↓↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です