投資家心理をレジサポ転換で読む!

ライントレードで大切な事って何?

 

 

こんにちは、SHINです(^^)

 

ライントレードで大切な事

 

それはずばり

 

「根拠があるかないか」

 

だと思います。

 

え、どういうこと?(笑)

 

って思いますよね。

 

 

まずは、負けている人の

話をしましょう。

 

負けている人のほとんどが

何故、ここでエントリーしたんですか?

 

と聞くと、こうなったから

反発すると思った。

 

と言います。

 

それって、根拠じゃなくて

その人の意見なのです。

 

相場はあなたの意見をもとに

動いているわけではありません。

 

それを続けるといつまでも

負けます。

 

 

そして、資金を溶かした時には

あーあ、バイナリーって勝てないね。

 

って言ってまた、いつも通りの生活です。

 

一方、勝てる人は

 

この時こういう心理が働いて

 

この動きをしやすいなど

 

しっかりと分析をした後に

エントリーをします。

 

でも、負けた。

 

じゃあ、この時って

ここがリスクだったね。

 

という風に分析が出来ます。

 

そして、徐々に勝率を上げて

気づいた頃には。

 

 

仕事も辞めて

専業でトレードをして

自由な生活を手に入れます。

 

今日はその気づきのきっかけとなる

お話をしますので、しっかりと

最後までお読みください。(^^)

 

レジサポ転換とは?

 

 

本題ですが、

 

今日は一度は耳にしたことがあると思います。

「レジサポ転換」について話をしていきたいと思います。

 

これさえ覚えたらあなたは、

しっかりと反発するポイントを見極めることが出来

 

それに加え、なぜここで反発しているか

という投資家心理を理解する事が出来ます。

 

一番重要なのは投資家心理です。

 

これをもとに、

僕のシナリオも構成されているので

 

まずは、そこを理解する事が

ライントレードへの一番の近道です。

 

今日はその一歩になる

レジサポ転換です。

 

本題の、レジサポ転換ですが

 

そもそも、レジサポって何ですか?

という方は前回の記事を読んでくれたら

より理解が深まると思います。

 

前回の記事

 

レジサポ転換とは文字通り。

 

前回お話した、

 

レジサポの転換ラインを指します。

どういう事かというと

 

 

この様にまずは、

レジスタンスラインが引けますよね。

 

そして、その後

今までの反発ラインだったレジスタンスラインを

上抜けているのが分かると思います。

 

つまり、ブレイクです。

 

そして、その後に注目です!

 

今までのレジスタンスラインが

サポートラインに転換しています。

 

これが、レジサポ転換というものです。

 

このレジサポ転換は逆の場合も

考え方は同じです。

 

 

今までサポートラインだったものが

下抜けていった(ブレイク)後に

 

次はレジスタンスラインに転換し

反発している事も同じように

 

レジサポ転換と言います。

 

実際どうやって、相場に活かすの?

 

 

じゃあ何故、このレジサポ転換が

重要なのかというと。

 

前回、話した

トレーダーが意識しているラインを

視覚化するという話は覚えていますか?

 

(なにその話?という方は

前回の記事から読むことをお勧めします。)

 

あなたは、

レジサポラインが意識されている事が

視覚化出来ています。

 

そしてそれは、いつかブレイクしますよね?

ではそれが意識されているラインに戻ってきた時

 

どうなるかは予想できますよね。

 

そうです。

 

そこでさっき話した

レジサポ転換が起こるのです。

 

もちろん、相場なので

反発しないときもあります。

 

じゃあそこで、反発しない時に

 

何故反発しないのか?

 

何故反発しているのか?

 

を分析すると投資家心理が

かなり読めてくるようになります。

 

これ僕のロジックの答えのようなものです。(^^)

 

【**重要なお知らせ**】

SHINのライントレードの

情報をもっと欲しいという方は

LINE@の登録をしてください。

 

そこでは、エントリーポイントを

全部公開しています!(^^)

 

LINE@を登録してくれた方限定で

本物の手法を無料プレゼントしています(^^)

 

↓↓↓LINE@の追加は下の追加ボタンから↓↓↓
友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です