やっぱり基礎が一番大事

こんにちは、SHINです(^^)

 

 

あなたはラインを引いた後に

ラインに触れたらエントリー!

 

 

という風に単純にエントリーしてませんか?

 

 

もしそうだとしたら

あなたの勝率は安定していないと思います。

 

 

 

 

ライントレードはラインを引いたら

そのラインで高確率で反発

何ていうものではありません。

 

 

一番大事なのはそこで

どういう風にラインに到達するかです。

 

 

もちろん中には

 

 

「ちゃんとローソク足の形も見てるよ!」

 

 

という人もいますが

 

 

既に分かっていると思いますが

それで勝てていないという事は

 

 

それだけではエントリー根拠として

不十分という事なのです。

 

 

だからそのままローソク足の見方だけを

極めていっても勝率は思うようには上がりません。

 

 

勝ちトレーダーは

相場から取れる情報は全て

調べてとにかく根拠を増やしていきます。

 

 

だからこそ

綺麗な反発ラインが読めるのです。

 

 

それに反発ラインをしっかりと読めると

もちろんですけど勝率も安定します。

 

 

なので今日は、その根拠の一つにもなる

 

 

「トップとボトム」

 

 

の話をしていきたいと思います。

 

 

僕も根拠の一つとして

使っているテクニックなので

 

 

まだ分からない人は

今日でしっかりと覚えて

相場に活かせるようにしましょう。

 

 

早速解説していきますね(^^)

 

 

まずはトップについてです。

 

 

 

 

トップ・・・トップはその名の通りで上に向かって三角の形をしている

      相場の事です。

 

 

そしてボトムです。

 

 

 

 

ボトム・・・トップの逆で下に向かって三角形の形をしている

      相場の事です。

 

 

そして、トップとボトムには

後四つの種類があります。

 

 

それが、

ダブルトップ

 

 

 

 

ダブルボトム

 

 

 

 

トリプルトップ

 

 

 

 

トリプルボトム

 

 

 

 

の四つです。

 

 

この四つはさっき説明した

トップとボトムが数字の分あると思ってくれたらいいです。

 

 

二つの三角形が上を向いているならダブルトップ

下向きならダブルボトムです。

 

 

トリプルも同じです。

 

 

三つの三角形が上を向いているならトリプルトップ

下向きならトリプルボトムです。

 

 

まあ覚え方は何でもいいです。(笑)

 

 

こんな形があるという事を

覚えておいてください。

 

 

重要なのはどういう風に

相場に影響を与えるか。という事。

 

 

そしてどのように

あなたのライントレードに活かしていくか。

 

 

という事です。

 

 

じゃあ実際にどうやって判断材料として

見ていくのか、という所なのですが

画像を使って説明していきます。

 

 

実際に反発の強いポイントで

ラインを引いてみたとしましょう。

 

 

僕のレクチャー動画を貰っている人

何故このポイントでラインを引いているのか

分かると思います。

 

 

ただ、ここで見て欲しいのが

ラインを引いた後に出来ている

ダブルボトムです。

 

 

 

 

これが今のラインを越えたがっている事を

示しています。

 

 

なのでこういうときに

エントリーをしていくのは

危険という事が分かります。

 

 

今までトップやボトムの形を

気にしていなかったから負けた場面も

何回もあると思います。

 

 

今回の記事を参考に

今の相場がどういう風に

動きたがっているか。

 

 

それを先に察知して

危険の少ないエントリー

出来る様になってください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です